関係性としての写真

2017.03.16 Thursday

0

    170315-170315-DSC00523-C1 1 d

     

     

      

    自分の撮る写真がどうしようもなく「風景写真」になってしまうようなとき、

     

    そこに「ひと」あるいは「人の気配」を置いてみたくなる。

     

    ・・・と昨日の記事の最後に書きました。

     

    しかしそれは「風景写真」を否定するものでは無いのです。

     

    優れた「風景写真」を撮ることの難しさを知っていますし、

     

    その限りない価値もまたよく知っているつもりです。

     

    わたしにはとても撮ることの出来ないものでもあります。

     

    なので、わたしが「風景」を撮ると文字通り「ただの風景」になってしまう

     

    そんなことを言いたかった。

     

    それと、わたしの志向する方向には「風景を美しく撮る」ことは含まれない。

     

    あるいはその風景をありのままに撮ると願望は含まれてはいない。

     

    「人間と風景との関係性」つまり人間存在によって初めて顕在化する原風景

     

    そのようなものを撮りたい。

     

    そんなようなことを言いたかったわけです。

     

    どうも言葉がこなれていなくて申し訳ないのですが。

      

       

     

    信州北八ヶ岳標高1700mより

     

     

    ---

     

    「止マレ」/”STOP” AS A TRAFFIC SIGN

    170315-170315-DSC00523-C1 1 d

    Sony α7, Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 MC VM

     

     

    from 蓼科高原ペンション・サンセット

    スポンサーサイト

    2017.05.30 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする