思考の終焉するところに答えはある

2018.02.12 Monday

0

    蓼科の冬  

     

    180212-P1160901-10 

    Panasonic LUMIX DMC-L10, Panasonic LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 ASPH.

     

    ---

      

    2018/02/12(月)
     

    思考の終焉するところに答えはある。

     

    それは論理ではない。

     

    イエスでもノーでもない。

     

    一元的にかつ直感的にそれはやってくる。

     

    クリシュナムルティが繰り返し語るように、思考はなにものも解決し得ない。

     

    論理すなわち二元論から離れ超越的にそれはもたらされる。

     

    その時それは答えですらない、既成事実として、そこにあるだろう。

     

    そこにあって、私たちに発見されることを待っている。

     

    それはあれでもなくこれでもなく全体としてある。

     

    同時にそれは終わりではなく始まりにすぎない。

     

    声高に論理を語り論理的に演繹することは真理から遠ざかる道である。

     

    深く黙考すること、すなわち瞑想こそが思考に変わる根源的な方法であるだろう。

     

    論理とはいわば算術のような実務的な方法であって、根源的問題を解決することはできない。

     

    どこまでいっても2元論から脱却することができないからだ。

     

     

     

    ※※※

     

     

    → Facebook

     

    → Instagram